おしらせ
 個別の相談もいただきますが、
法的にも、また責任が持てないという点でも個別相談はお受けできません。

ブログ等の記事で一般的な話として回答ができそうなものについては
記事にしていきますのでよろしくお願いします。

  なお、『困ったときの相談先』も、参考になさってください。
 より身近に相談できる場所として、お住まいの市町村役場もあります。

記事内容につきましても責任は負いかねますので
必ず、公的機関、弁護士等に確認してください。
--年
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年
 審査基準アンケートによると、キャッシングが初めてという方もこのブログや管理サイトを利用していただいているようですが、これまでまとめローンが中心で、「はじめてのキャッシング」の話をブログに書いていないようですし、サイトに書いてきたこととは状況も変わってきていますので書いてみます。

 これまでサイトでは「はじめてのキャッシング」という方には、大手消費者金融をおすすめしてきました。
 それは、多くの場合、小口でかつ短期間の借り入れなので、少しばかり金利が低いことよりも利便性を重視すべきだと考えたからです。

 しかし、これからは「はじめてのキャッシング」であっても、銀行ローン銀行系ローンをおすすめします。
2015年
 私は金魚を飼っています。ふつうの出目金。
飼い始めの頃、「金魚の飼い方」を検索していたら、こんな注意書きがありました。

 『ろ過装置は洗わない事』。

 「バクテリア(ろ過細菌)」で出来た「ぬるぬるした物」(ろ過膜)が取れてしまい、ろ過作用が無くなります。 と。

 『素人考え』だと、ろ過装置はいつもきれいにしようとします。
緑の「ぬるぬるした物」は(イメージだけで)汚れだと思って徹底して取り除いてしまいます。
「バクテリア」と聞いたら、「そりゃ大変、駆除しなけりゃ」と思ってしまいます。
2014年
 クレサラ法律事務所の宣伝に惑わされて『安易な過払い請求』をして、ブラックリスト入りしてしまい、「どうしたらいいでしょう」といまだに相談が来ます。
 「我慢してください。ヤミ金にはくれぐれも手を出さないように」としか言えません。

 そんな彼らよりも、深刻な問題があります。
 それは、『未成年者のブラックリスト入り』です。
2013年
 消費者金融大手も、銀行系列に入っていないところは、破綻するなどかなり厳しい状況にあります。
 以前から書いているとおり、今回の貸金業法改正(2010年)は、大銀行が仕掛けた貸金業界再編の手段だったようです。
 大銀行系列にいなければ、生き残れないのではないかといわれています。

 そんななか、三井住友銀行グループの『モビット』は、キャッシングでも、まとめローンにおいても存在感を増しています。
2013年
 『オリックスVIPローンカード』がキャンペーンを展開中です。
 メガバンクグループ入りした消費者金融大手の多くが、回収と保証業務を中心にしようと貸し出しを絞る中にあって、『オリックスVIPローンカード』は、貸し出し業務を営業の柱とし、積極的に審査に応じてくれているようです。

 『オリックスVIPローンカード』の融資利率は3.5%~、融資限度額は最高800万円と「おまとめローン」を考えている人にも、初めてのキャッシングを検討している人にも人気の低金利大型ローンです。
2013年
 貸金業法によって、ヤミ金被害が減少という報道がありました。

でも、それはまちがいです。
 『ソフトヤミ金』や、『親切ヤミ金』の登場で、ヤミ金被害を届けられなくなっただけです。

 『ソフトヤミ金』とはいえ、ちゃんとウシロについてますから、ヤミ金被害自体は減っていないはずです。
支払いは、3ヶ月で借りた金額の数倍になります。

 『ソフトヤミ金』は、ヤミ金の世界にも、「相互保証」をさせることで支払いを確実にする仕組みができて、被害を届けると、他の人に迷惑が掛かるから、届け出できないのです。
2013年
 (安易な)過払い請求債務整理が、テレビCMや電車の広告で広まって、まとめローンをする人は、異端児扱いされているかも知れません。

 しかし、異端こそは進化の源であって、苦しいけれど、必ず実を結ぶのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。