三宅久之のハゲに鈴を付けるのは、辛坊治郎なのか  一挙!まとめローン情報公開

おしらせ
 個別の相談もいただきますが、
法的にも、また責任が持てないという点でも個別相談はお受けできません。

ブログ等の記事で一般的な話として回答ができそうなものについては
記事にしていきますのでよろしくお願いします。

  なお、『困ったときの相談先』も、参考になさってください。
 より身近に相談できる場所として、お住まいの市町村役場もあります。

記事内容につきましても責任は負いかねますので
必ず、公的機関、弁護士等に確認してください。
--年
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年
 三宅久之氏は、官房機密費」問題を難なく乗り切り、ますますもってロウガイ著しい。

 先日のテレビ番組「いって委員会」での一場面。
 三宅久之氏が、日本の少子化問題に関するデータについて論争をしていた時に、反論をやめないアメリカ人パネリストに対して放った言葉が、「ちょっと黙りなさい。アメリカ人は、『長幼の序』というものが、分からんから。」であった。

 この番組でも、三宅久之氏の「ご意見」が出れば、そこから先、それに対する反論は出ないし、大抵は、そこで論争は打ち切りとなる。

 つづきは、新ブログ 『居酒屋でする話 (個室でする話)』 で。

        『三宅久之のハゲに鈴を付けるのは、辛坊治郎なのか』 (つづき)

 広告主から、「あまり政治的な話はしてくれるな」 と言われたので、
   多重債務者救済に関わりが薄く、政治色の濃い話などは、
     新ブログ 『居酒屋でする話 (個室でする話)』 で書くことにしました。
関連記事


※ 近時『申し込みブラック』になっていることに気づかないで、ローン申し込みを無駄に繰り返し、いつまでも否決されている方がいらっしゃいます。  ご注意を。

 独自アンケート結果に基づいて <安心>と<成功> の観点から
厳選したローン会社の紹介もしております。
  (他サイトの半分程度の数まで絞り込んでいます。安心してご利用ください。)

  なお、自己破産をはじめとした「法的整理」も必ず選択肢として検討してください。
 これまで私が反対してきた「クレサラ弁護士」とは、「電話一本で解決できます」と宣伝しているようなところであって、きちんと相談できる弁護士とともに「法的整理」することは、あなたにとって有益です。

困ったときの相談先」も、参考になさってください。
 また、より身近に相談できる場所として、お住まいの市町村役場もあります。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。