ヤミ金の最新事情  一挙!まとめローン情報公開

おしらせ
 個別の相談もいただきますが、
法的にも、また責任が持てないという点でも個別相談はお受けできません。

ブログ等の記事で一般的な話として回答ができそうなものについては
記事にしていきますのでよろしくお願いします。

  なお、『困ったときの相談先』も、参考になさってください。
 より身近に相談できる場所として、お住まいの市町村役場もあります。

記事内容につきましても責任は負いかねますので
必ず、公的機関、弁護士等に確認してください。
--年
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年
 貸金業法によって、ヤミ金被害が減少という報道がありました。

でも、それはまちがいです。
 『ソフトヤミ金』や、『親切ヤミ金』の登場で、ヤミ金被害を届けられなくなっただけです。

 『ソフトヤミ金』とはいえ、ちゃんとウシロについてますから、ヤミ金被害自体は減っていないはずです。
支払いは、3ヶ月で借りた金額の数倍になります。

 『ソフトヤミ金』は、ヤミ金の世界にも、「相互保証」をさせることで支払いを確実にする仕組みができて、被害を届けると、他の人に迷惑が掛かるから、届け出できないのです。

 ある意味、『ソフトヤミ金』のほうがずっとこわいです。

 もうひとつ気をつけるべきは、『しろうとヤミ金』の増加です。特殊団体のバックがなしにヤミ金を始めたシロウトがいるのです。
 最近は、ネットで探せばヤミ金経営の仕方まで分かりますから、『しろうとヤミ金』も増えているのです(自分も始めようなんて思わないでください。警察からも特殊団体からも追われますから。)。

 そして、『しろうとヤミ金』のこわさは以前書いたとおりです。
 どこまで脅しても大丈夫かという限界を知らないですし、踏み倒されたら即、自分の生活に影響しますから(せいぜい数十万円とかの資金でやってますので)、何をしてくるか分かりません。

 法務省が、こんなにもヤミ金を逮捕しましたと宣伝していますが、警察に検挙されるのは、こうした『しろうとヤミ金』で、「本物のヤミ金」の勢力は衰えていません。

 ヤミ金(『ソフトヤミ金』も含めて)には手を出してはいけません。
関連記事


※ 近時『申し込みブラック』になっていることに気づかないで、ローン申し込みを無駄に繰り返し、いつまでも否決されている方がいらっしゃいます。  ご注意を。

 独自アンケート結果に基づいて <安心>と<成功> の観点から
厳選したローン会社の紹介もしております。
  (他サイトの半分程度の数まで絞り込んでいます。安心してご利用ください。)

  なお、自己破産をはじめとした「法的整理」も必ず選択肢として検討してください。
 これまで私が反対してきた「クレサラ弁護士」とは、「電話一本で解決できます」と宣伝しているようなところであって、きちんと相談できる弁護士とともに「法的整理」することは、あなたにとって有益です。

困ったときの相談先」も、参考になさってください。
 また、より身近に相談できる場所として、お住まいの市町村役場もあります。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。