マスコミの現状  一挙!まとめローン情報公開

おしらせ
 個別の相談もいただきますが、
法的にも、また責任が持てないという点でも個別相談はお受けできません。

ブログ等の記事で一般的な話として回答ができそうなものについては
記事にしていきますのでよろしくお願いします。

  なお、『困ったときの相談先』も、参考になさってください。
 より身近に相談できる場所として、お住まいの市町村役場もあります。

記事内容につきましても責任は負いかねますので
必ず、公的機関、弁護士等に確認してください。
--年
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年
 文春だったか新潮だったか。 つい先日の通勤途中に見た週刊誌の広告にあった。

      「白鵬関は相撲DVDを擦り切れるまで見て優勝した」

 DVDを擦り切れるまで見るってたいへんだよなぁ。
 というより、DVDって擦れている部分てあるのかい? アダルトDVDなら擦れる部分もあるだろうけどさ(相撲DVDで擦れる人もいるって?)。
 「擦り切れるまで」ってレコードとか磁気テープの時代の言い回しだろう?

 頭の切り替わらないジジイが書いているのか、新しい表現を生み出すことができないゆとり世代が書いているのか知らないけれど、マスコミの現状を示しているよなぁ。

 週刊誌だけではありません。新聞なども同じです。

 新人だけでなく論説・解説委員の世代までが、「音声レコーダーから起こすか、配布資料から抜き出すだけが、記者の仕事」になっています。

 テンプレートの日付だけ変えれば記事が出来ちゃう毎日を過ごしてきたので、すこし事情の変更、状況の変化があってテンプレートが使えなくなると、誰かが新しいテンプレートを作ってくれるまで、見て見ぬ振りを決め込みます。

 場合によっては、「DVDを擦り切れるまで」のように、古いテンプレートに無理やり押し込むのです。

 もはや、社会の変化社会の真実は、マスコミでは分からないですよ。

            一部シモネタにて失礼しました。
関連記事


※ 近時『申し込みブラック』になっていることに気づかないで、ローン申し込みを無駄に繰り返し、いつまでも否決されている方がいらっしゃいます。  ご注意を。

 独自アンケート結果に基づいて <安心>と<成功> の観点から
厳選したローン会社の紹介もしております。
  (他サイトの半分程度の数まで絞り込んでいます。安心してご利用ください。)

  なお、自己破産をはじめとした「法的整理」も必ず選択肢として検討してください。
 これまで私が反対してきた「クレサラ弁護士」とは、「電話一本で解決できます」と宣伝しているようなところであって、きちんと相談できる弁護士とともに「法的整理」することは、あなたにとって有益です。

困ったときの相談先」も、参考になさってください。
 また、より身近に相談できる場所として、お住まいの市町村役場もあります。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。