アヴァンス法務事務所の債務整理相談  一挙!まとめローン情報公開

おしらせ
 個別の相談もいただきますが、
法的にも、また責任が持てないという点でも個別相談はお受けできません。

ブログ等の記事で一般的な話として回答ができそうなものについては
記事にしていきますのでよろしくお願いします。

  なお、『困ったときの相談先』も、参考になさってください。
 より身近に相談できる場所として、お住まいの市町村役場もあります。

記事内容につきましても責任は負いかねますので
必ず、公的機関、弁護士等に確認してください。
--年
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年
 アヴァンス法務事務所(大阪市中央区)が、無資格の事務員に消費者金融会社との過払い金返還交渉などの法律事務をさせていた弁護士法違反(非弁活動)で、大阪弁護士会から刑事告発されました。
     (注;法務事務所は、司法書士の事務所。弁護士がいるのは法律事務所。)

     参考; 司法書士に債務整理・過払い金返還請求相談する時の注意

 アヴァンス法務事務所も テレビCMを大量に流して多重債務者をかき集めていたようです。

 このブログで以前から指摘しているように、こうした手法の債務整理・過払い金返還請求相談は、そこに所属する弁護士や司法書士の数が、相談者の数に対してどう考えても不十分で、無資格の事務員が処理するしかないように思われます (もっといってしまえば、パソコンソフトが処理しているんです)。
 そこに『多重債務者本人の生活再建の視点』はまったくありません。

 また、アヴァンス法務事務所は、事務員が在籍司法書士の名刺を出して、司法書士であるかのように装って相談にあたっていたともされています(これも以前指摘したとおりで、法律事務所でもニセ弁護士の話は聞いている。)

 さらに、こうした大型事務所には、消費者金融で働いていた者が大勢雇われていることも明らかになりました。
 私も以前から法律事務所についてウワサは聞いていましたが、新聞報道によっても確認された格好です。
 つまりは、法律事務所(法務事務所)という名前の 『整理屋事務所』です。

 弁護士会も、身内の法律事務所は告発できないので、商売敵の司法書士(法務事務所)を狙ってきました(ア○ァンセ法律事務所と思ったら違ってました。ややこしや。)。
 今度は、反対に司法書士会が、同じようにテレビCMを流してベルトコンベア処理していた弁護士達を告発してくれればいいんですけどね。
 宇都宮健児先生が日弁連会長になろうと、弁護士会に自浄作用は期待できないようですから。
 いや、ひょっとすると弁護士会も自分達ではできないので、司法書士会に期待しているのかもしれませんよ。

 『債務整理ビジネス』の全貌も明らかになるでしょうか。
関連記事


※ 近時『申し込みブラック』になっていることに気づかないで、ローン申し込みを無駄に繰り返し、いつまでも否決されている方がいらっしゃいます。  ご注意を。

 独自アンケート結果に基づいて <安心>と<成功> の観点から
厳選したローン会社の紹介もしております。
  (他サイトの半分程度の数まで絞り込んでいます。安心してご利用ください。)

  なお、自己破産をはじめとした「法的整理」も必ず選択肢として検討してください。
 これまで私が反対してきた「クレサラ弁護士」とは、「電話一本で解決できます」と宣伝しているようなところであって、きちんと相談できる弁護士とともに「法的整理」することは、あなたにとって有益です。

困ったときの相談先」も、参考になさってください。
 また、より身近に相談できる場所として、お住まいの市町村役場もあります。

コメント
この記事へのコメント
利用者側からみれば変な弁護士にお説教されるよりベルトコンベヤで安く処理してくれるほうが助かるんですよね。

そもそも借り入れをする動機の大半は医療費や教育費だから弁護士や司法書士がお説教するのは変ですよ。
2010/04/19 | URL | ゆき
現在
現在アヴァンスで任意整理をお願いしております。
が、不安なことが多く。
一度も司法書士の方とは会っても話したこともない。
電話で話す方がよく変わる。
引き続きがなっていない。

費用が高い。取り立てやのように費用の支払いを求めてくる。

こんなところ、大丈夫なんですかね。
問題ないでしょうか。

大阪司法書士会に電話したところ、
親身に話を聞いてくれず、どこに話したらよいのか。
2013/11/25 | URL | まま
コメントを投稿する
URL:
Comment:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。