誰でも入れます  一挙!まとめローン情報公開

おしらせ
 個別の相談もいただきますが、
法的にも、また責任が持てないという点でも個別相談はお受けできません。

ブログ等の記事で一般的な話として回答ができそうなものについては
記事にしていきますのでよろしくお願いします。

  なお、『困ったときの相談先』も、参考になさってください。
 より身近に相談できる場所として、お住まいの市町村役場もあります。

記事内容につきましても責任は負いかねますので
必ず、公的機関、弁護士等に確認してください。
--年
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年
 「簡単な申告だけで80歳だろうが誰でも入れます。」っていう生命・医療保険がありますよね。
 テレビでCMをがんがん流しています。

 でも、ちょっと待ってください。

 生命・医療保険は、入れる(契約できる)ことよりも、何かあったときに『保険金を給付してもらえること』が重要なんですよね。当然のことながら。

 「誰でも入れる」うえに、どんどん保険金が給付されるなどということがあるでしょうか。
冷静に「誰でも入れる」ということが、何を意味しているかを考えてみましょう。

 誰でも入れても、保険金を給付してもらえなければ、掛け金を取られるだけです。

 それは、まとめローンをはじめとした、ローンやキャッシングでも同じです。

 「誰でも申し込みができる」ことと、「審査を通過して融資枠がもらえること」とは別の問題です。
 なかには「ブラックでもOK」なんて紹介しているサイトすらあります。



 自分の条件に合わないところ、つまり最初から否決されるのが目に見えているところへ申し込みをすれば、申し込み可能件数(『申し込みブラック』にならない範囲)が減るばかりか、申し込む先によっては、個人情報が名簿業者やヘタをすればヤミ金に流されたりすることもあります。

 T社が、貸し出しを一切停止しているとかいったニュースが飛び交う中で、「ブラックでもOK」なんて論外。
 そうでなくても、むやみやたらな申し込みをして可決されるはずもありません。
 困ったときこそ冷静に、慎重に選択してください。
関連記事


※ 近時『申し込みブラック』になっていることに気づかないで、ローン申し込みを無駄に繰り返し、いつまでも否決されている方がいらっしゃいます。  ご注意を。

 独自アンケート結果に基づいて <安心>と<成功> の観点から
厳選したローン会社の紹介もしております。
  (他サイトの半分程度の数まで絞り込んでいます。安心してご利用ください。)

  なお、自己破産をはじめとした「法的整理」も必ず選択肢として検討してください。
 これまで私が反対してきた「クレサラ弁護士」とは、「電話一本で解決できます」と宣伝しているようなところであって、きちんと相談できる弁護士とともに「法的整理」することは、あなたにとって有益です。

困ったときの相談先」も、参考になさってください。
 また、より身近に相談できる場所として、お住まいの市町村役場もあります。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。