「紹介屋」ハイブリッド  一挙!まとめローン情報公開

おしらせ
 個別の相談もいただきますが、
法的にも、また責任が持てないという点でも個別相談はお受けできません。

ブログ等の記事で一般的な話として回答ができそうなものについては
記事にしていきますのでよろしくお願いします。

  なお、『困ったときの相談先』も、参考になさってください。
 より身近に相談できる場所として、お住まいの市町村役場もあります。

記事内容につきましても責任は負いかねますので
必ず、公的機関、弁護士等に確認してください。
--年
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年
 消費者庁が発足しましたが、牛耳っているのは官僚と弁護士会です。
そんななか、ハイブリッドな「紹介屋」が登場していると、週刊ダイヤモンドが書いています。

 そもそも「紹介屋」というのは、電話をかけてきた者に『ヤミ金』を紹介して、紹介料をピンハネする連中でした。

 『ハイブリッドな紹介屋』がスポーツ新聞に出している広告は、従来型の「紹介屋」とまったく変わりがない「ブラックOK、多重債務者大歓迎」というもの。
 しかし、紹介する先が『ヤミ金』ではなくて、『弁護士』いわゆる『クレサラ弁護士』だというのです。
 多重債務者を広告で集めて「あんたにはもう誰も貸してくれないよ。債務整理したらどう?いい先生紹介するから。」と『クレサラ弁護士』に紹介し、クレサラ弁護士が過払い金請求して得た弁護士報酬の一部をキックバックしてもらうとのこと。
 もちろんこれは違法な行為で、『ハイブリッドな紹介屋』を雇っているのは、ごく一部のクレサラ弁護士のようです。
 なぜなら、この手口は多重債務者に告発されたら、すぐにバレてしまうからです(こうした勧誘を受けた覚えのある人は、消費生活センターに連絡してください)。

 そこで、クレサラ弁護士のなかには、募集は自前で広告して、事務処理を「整理屋」に手数料を払ってしてもらうことで利益を上げようとする者もいます。これなら、内部処理は外から見えませんからバレません。

 以前、『債務整理の電話相談』には注意しましょうと書きましたが、弁護士が一切タッチしないで、「整理屋」とか事務員が処理していたところも少なくないのです。過払い金請求なんて鼻をほじりながらできる仕事ですから。

 こうした手口で荒稼ぎした『クレサラ弁護士』ですが、近時、債務整理相談に関するトラブルが消費生活センターに多数寄せられて、やっと日本弁護士連合会も適正化に乗り出しました。(消費生活センターに弁護士への苦情が多数寄せられることを消費者庁はどう考えているのでしょうね)  必ず弁護士が直接面談するようにと指導しています。
 最近は、債務整理の電話相談』のテレビCMにも小さな文字で「弁護士と面談のうえでお受けします」などと入るようになりました。

 しかし、すでに過払い金請求のピークは過ぎていて稼ぐだけ稼いだ祭り騒ぎも終わり。
 今さらになってきちんとした手続きでやりなさいと言ったってポーズでしかなく、『クレサラ弁護士』には 痛くもかゆくもありません。日弁連もなかなかのワルですね。

 ちなみに、テレビによく出てくる石○弁護士のところ(アディ○レ)で2億円弱、クレサラ事務所大手のホームロイヤ○ズでは15億円の広告宣伝費を使って多重債務者を集めたそうですよ。
 かつて石○弁護士は、「テレビをつけると消費者金融のCMばかり流れている。こんな異常な国は日本だけですよ。」と消費者金融の営業を批判していましたが、どっちが異常でしょうかね。
 そして、出した広告宣伝費の何倍(何十倍?)のもうけがあったんでしょうか。

追記; 債務整理や過払い金請求した際、弁護士が直接面談しなかったという人は、適切な手続きがされていない可能性があります。消費生活センターに相談してください。
 場合によっては、お金が戻ってきます。
関連記事


※ 近時『申し込みブラック』になっていることに気づかないで、ローン申し込みを無駄に繰り返し、いつまでも否決されている方がいらっしゃいます。  ご注意を。

 独自アンケート結果に基づいて <安心>と<成功> の観点から
厳選したローン会社の紹介もしております。
  (他サイトの半分程度の数まで絞り込んでいます。安心してご利用ください。)

  なお、自己破産をはじめとした「法的整理」も必ず選択肢として検討してください。
 これまで私が反対してきた「クレサラ弁護士」とは、「電話一本で解決できます」と宣伝しているようなところであって、きちんと相談できる弁護士とともに「法的整理」することは、あなたにとって有益です。

困ったときの相談先」も、参考になさってください。
 また、より身近に相談できる場所として、お住まいの市町村役場もあります。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。