死刑執行人  一挙!まとめローン情報公開

おしらせ
 個別の相談もいただきますが、
法的にも、また責任が持てないという点でも個別相談はお受けできません。

ブログ等の記事で一般的な話として回答ができそうなものについては
記事にしていきますのでよろしくお願いします。

  なお、『困ったときの相談先』も、参考になさってください。
 より身近に相談できる場所として、お住まいの市町村役場もあります。

記事内容につきましても責任は負いかねますので
必ず、公的機関、弁護士等に確認してください。
--年
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年
 とうとう裁判員制度がスタートしました。

 もし裁判員になれば、死刑を決定する場面にも遭遇するでしょう。
 その日当は、最高でも1万円です。死刑を決定しても1万円のみ。裁判官は初任の判事補でも年7~800万円くらいもらっています。

 『死刑執行人』という人がいます。
裁判で死刑が確定した死刑囚に対して、実際に死刑を執行する人達です。
刑務官のなかから選ばれます。

 死刑執行方法は「絞首刑」です。死刑執行人がボタンを押すと、目隠しをして首に縄をかけた死刑囚が立っている床板(刑壇)が抜けて、つり下げられる仕組みになっています。

 そして、死刑執行のボタンは、3つあります。
 3人の『死刑執行人』がそれぞれのボタンに手を置き、合図で同時にボタンを押します。
 電源が通った執行スイッチになっているのは1つだけ。どのボタンがスイッチになるかは毎回変えられ、3人同時に押すことで、『死刑執行人』3人のうちの誰が執行スイッチを押したかは分からないようになっているのです。

 地下にも『死刑執行人』がいます。 つり下げられるとクルクル回ったり、反射で手足がぴょんぴょん跳ねて遺体を傷つけるので、脚を押さえて停める係だそうです。
 (窒息ではなく)頸骨骨折での即死状態ですが、けいれんが残っていて手足が動き、心臓もしばらくは動いているんだそうです。

 『死刑執行人』には特別手当が出ます。特別休暇も与えられるそうです。

 他方、先ほども書いたように、あなたが裁判員になって死刑を決定しても、特別手当は出ません。
 そして、3年後に新聞を読んでて「あぁ。あいつの死刑が執行されたかぁ。」という日が来ます。
関連記事


※ 近時『申し込みブラック』になっていることに気づかないで、ローン申し込みを無駄に繰り返し、いつまでも否決されている方がいらっしゃいます。  ご注意を。

 独自アンケート結果に基づいて <安心>と<成功> の観点から
厳選したローン会社の紹介もしております。
  (他サイトの半分程度の数まで絞り込んでいます。安心してご利用ください。)

  なお、自己破産をはじめとした「法的整理」も必ず選択肢として検討してください。
 これまで私が反対してきた「クレサラ弁護士」とは、「電話一本で解決できます」と宣伝しているようなところであって、きちんと相談できる弁護士とともに「法的整理」することは、あなたにとって有益です。

困ったときの相談先」も、参考になさってください。
 また、より身近に相談できる場所として、お住まいの市町村役場もあります。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。