高齢化社会  一挙!まとめローン情報公開

おしらせ
 個別の相談もいただきますが、
法的にも、また責任が持てないという点でも個別相談はお受けできません。

ブログ等の記事で一般的な話として回答ができそうなものについては
記事にしていきますのでよろしくお願いします。

  なお、『困ったときの相談先』も、参考になさってください。
 より身近に相談できる場所として、お住まいの市町村役場もあります。

記事内容につきましても責任は負いかねますので
必ず、公的機関、弁護士等に確認してください。
--年
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年
 先日、篠崎(江戸川区)の公園で紙芝居屋さんをやってる人がいるのをテレビで見た。

 見物の席取りに「1年生から順番に並べ」なんて上級生の声が聞こえてきて、新しいモノが次々できるのも東京だけど、古いモノが残るのも東京なんだねぇ。
 東京のお年寄りもがんばってるよ。

 紙芝居屋さんによれば「3年生くらいまでは、今の子も昔の子もかわりない」とか。
  (それでも今の子は、外で遊ばないよねぇ。)

 先日、小学校を通りかかったときにちょうど休み時間で放送が聞こえてきた。

「急に走り出さないで、準備運動をしましょう。」

 休み時間で遊ぶのに準備運動がいるのか。どれほど体が弱いんだ(休み時間利用のマラソンだったようだが)。

 別の日、今度は校庭で交通安全教室が行われていた。
お巡りさんが、自転車の乗り方を教えている。
 すると、聞こえてきた。

「道路を走ってください。そこは道路じゃないです。」

 全員が列を作って、お巡りさんの後をついて行くのだが、そのうちショートカットする子供が出てきて、後はずるずると。

 今に10歳以上は高齢者といわれるようになるんじゃないの。
関連記事


※ 近時『申し込みブラック』になっていることに気づかないで、ローン申し込みを無駄に繰り返し、いつまでも否決されている方がいらっしゃいます。  ご注意を。

 独自アンケート結果に基づいて <安心>と<成功> の観点から
厳選したローン会社の紹介もしております。
  (他サイトの半分程度の数まで絞り込んでいます。安心してご利用ください。)

  なお、自己破産をはじめとした「法的整理」も必ず選択肢として検討してください。
 これまで私が反対してきた「クレサラ弁護士」とは、「電話一本で解決できます」と宣伝しているようなところであって、きちんと相談できる弁護士とともに「法的整理」することは、あなたにとって有益です。

困ったときの相談先」も、参考になさってください。
 また、より身近に相談できる場所として、お住まいの市町村役場もあります。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。