借金の無料電話相談  一挙!まとめローン情報公開

おしらせ
 個別の相談もいただきますが、
法的にも、また責任が持てないという点でも個別相談はお受けできません。

ブログ等の記事で一般的な話として回答ができそうなものについては
記事にしていきますのでよろしくお願いします。

  なお、『困ったときの相談先』も、参考になさってください。
 より身近に相談できる場所として、お住まいの市町村役場もあります。

記事内容につきましても責任は負いかねますので
必ず、公的機関、弁護士等に確認してください。
--年
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年
 先日は『債務整理の電話相談』は、気をつけて利用しましょうと書きました。

 ただ「債務整理の無料電話相談」でも、自分の住んでいる地域の法律事務所のものであれば、さほど問題ありません (ただし「無料相談の実情」参照)。
 「弁護士と面談」したければ出掛けていけばいいのですから。
 もちろん面談料も最初に言われる費用に含まれているはずです。(含まれていないとすれば、まさに「有無を言わさぬ自己破産」をたくらんでいたわけです)

 問題はテレビでコマーシャルしているような「日本全国対応」の無料電話相談です。

 たいていは東京に事務所を構えているでしょうから、「弁護士と面談」するには、飛行機なり新幹線なりで出掛けて行かなければなりません。
 「有無を言わさぬ自己破産」が、最初から予定されていることが想像つくでしょう。
   (電話口で法律の話をされて理解できるという人は、電話で弁護士と話せるかも知れませんが)

 ただ、これもまったく利用方法がないかといえば、そうでもありません。
「とにかく人に話を聞いてもらいたい」という人はけっこう多いことでしょう。 話を聞いてもらって落ち着きを取り戻すということがあります。
 そんな人は、借金の無料電話相談に電話してみるのもいいかもしれません(相手の話にすぐ丸めこまれてしまう様な人はよしたほうがいいです)。

 「正義の味方」を標榜しているわけですから、「金にならないような電話をしてくるなよ。」とむげに断ったりもしないはずです。
 もし断られたらここにコメントしてください。記事にしますから。

 また話を聞いてみて、「自己破産一本。面談なし」で納得がいくなら、そのまま依頼してもいいでしょう。
 ただし、『債務整理』は、自己破産だけではないこと。 そして、「自己破産することの結果」は、知っておいてください。

 なお、ボランティアやNPOを名乗って、無料相談などの広告を出している、ヤミ金、整理屋がいるようですので、「借金(債務整理)の無料電話相談」は、市区町村や『日本司法支援センター』・『公設事務所』などの公共機関か、「法律事務所」・「法務事務所」がやっているものにしておきましょう。


 ちなみに、私が「無料公開」なのは、広告料をもらっているからです。もし私の審査基準分析に納得がいったときは、そのページにある広告からのお申し込みをどうぞお願いします。

 また、広告を受けることで、内部キャンペーン情報を教えてもらえることもあるのです。
関連記事


※ 近時『申し込みブラック』になっていることに気づかないで、ローン申し込みを無駄に繰り返し、いつまでも否決されている方がいらっしゃいます。  ご注意を。

 独自アンケート結果に基づいて <安心>と<成功> の観点から
厳選したローン会社の紹介もしております。
  (他サイトの半分程度の数まで絞り込んでいます。安心してご利用ください。)

  なお、自己破産をはじめとした「法的整理」も必ず選択肢として検討してください。
 これまで私が反対してきた「クレサラ弁護士」とは、「電話一本で解決できます」と宣伝しているようなところであって、きちんと相談できる弁護士とともに「法的整理」することは、あなたにとって有益です。

困ったときの相談先」も、参考になさってください。
 また、より身近に相談できる場所として、お住まいの市町村役場もあります。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。