ヤミ金の成長する社会  一挙!まとめローン情報公開

おしらせ
 個別の相談もいただきますが、
法的にも、また責任が持てないという点でも個別相談はお受けできません。

ブログ等の記事で一般的な話として回答ができそうなものについては
記事にしていきますのでよろしくお願いします。

  なお、『困ったときの相談先』も、参考になさってください。
 より身近に相談できる場所として、お住まいの市町村役場もあります。

記事内容につきましても責任は負いかねますので
必ず、公的機関、弁護士等に確認してください。
--年
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年
 先日 『タクシーヤミ金』で書いたとおり、ヤミ金にも紹介と保証人が必要な時代になりました。
 客同士でお互いに保証させることで逃げられなくさせて、法外な金利でもきっちりと返済してもらえるわけです。

 ノンバンクも倒産・廃業が相次いでいる今、一番安定している産業は、『ヤミ金』なんでしょうかね。
 日本一の成長産業であることは、まちがいありません。

 無謀な貸金業法改正を強行した人達は、当時、「貸金業法改正でヤミ金が増えるなんてのは、サラ金業者の脅しに過ぎない。」などと言ってましたが、真実が明らかになった今、どう責任をとられる腹づもりでいるのでしょう。

 ちなみに、(「きれいなおね~さん」女優を嫁さんにした)無謀な貸金業法改正をワイドショーで叫んでいた政治家さんは、(これまたテレビ番組で) お金を借りられる場所がなくなったのは、「メガバンクの経営統合で銀行の数が減ったから」という、さすが~な分析を展開しておられました。
 ここまでくると、もはや、あっぱれ。としか・・・

 仮にメガバンクがたくさんあったとしても、メガバンクがお金を貸すのはトヨタ自動車にだけだと思うよ。
(生放送での発言は、底が知れてしまうので生放送は避けられたほうがいいかと)
関連記事


※ 近時『申し込みブラック』になっていることに気づかないで、ローン申し込みを無駄に繰り返し、いつまでも否決されている方がいらっしゃいます。  ご注意を。

 独自アンケート結果に基づいて <安心>と<成功> の観点から
厳選したローン会社の紹介もしております。
  (他サイトの半分程度の数まで絞り込んでいます。安心してご利用ください。)

  なお、自己破産をはじめとした「法的整理」も必ず選択肢として検討してください。
 これまで私が反対してきた「クレサラ弁護士」とは、「電話一本で解決できます」と宣伝しているようなところであって、きちんと相談できる弁護士とともに「法的整理」することは、あなたにとって有益です。

困ったときの相談先」も、参考になさってください。
 また、より身近に相談できる場所として、お住まいの市町村役場もあります。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。