モビット  一挙!まとめローン情報公開

おしらせ
 個別の相談もいただきますが、
法的にも、また責任が持てないという点でも個別相談はお受けできません。

ブログ等の記事で一般的な話として回答ができそうなものについては
記事にしていきますのでよろしくお願いします。

  なお、『困ったときの相談先』も、参考になさってください。
 より身近に相談できる場所として、お住まいの市町村役場もあります。

記事内容につきましても責任は負いかねますので
必ず、公的機関、弁護士等に確認してください。
--年
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年
 消費者金融大手も、銀行系列に入っていないところは、破綻するなどかなり厳しい状況にあります。
 以前から書いているとおり、今回の貸金業法改正(2010年)は、大銀行が仕掛けた貸金業界再編の手段だったようです。
 大銀行系列にいなければ、生き残れないのではないかといわれています。

 そんななか、三井住友銀行グループの『モビット』は、キャッシングでも、まとめローンにおいても存在感を増しています。

 審査基準アンケートの結果によると、アルバイトの人を含め、三井住友銀行グループの『モビット』では、多くの人が融資を受けられているようです。
 以前から掲示板等でも「モビットに救われた」という人をたくさん見かけますので、私の行う審査基準アンケートの結果ばかりではないようです。

 ただし、初回融資枠は50万円以下がほとんどとなっています。
 したがって、他社の借入全額をいっきに一本化するというようなことは、ほとんど期待できません。

 しかし、与信を頻繁に行っており、延滞せずに返済を続けている人への増枠のスピードは業界で一番といわれています。

 初回融資額を抑えて、契約中も与信をこまめに行うことで借り手の信用力を判断し、他社借入件数が多い人に対しても、まとめローンが可能な道を開いているのが、三井住友銀行グループの『モビット』ということが出来ます。

 最初の融資枠が小さくても返済実績を積み重ねることで(早ければ3ヶ月ほどで)増枠が期待できるので、低金利まとめローンを完成できるでしょう。
 こつこつまじめに返済していればむくわれるのが、三井住友銀行グループの『モビット』を利用する最大のメリットといえます。

 とくに少額の借入を何社にもしているような人は、他社を減らしてさらに『モビット』の増枠という、よい循環を生み出せる人もいるでしょう。

      ≫≫≫ 『モビット』 の情報分析

※ リンクは、当ブログもしくは私のサイトの紹介ページへとつながっております。
 必ず、借り入れ条件等を確認した上で、慎重にローンの申込みをしてください。
関連記事


※ 近時『申し込みブラック』になっていることに気づかないで、ローン申し込みを無駄に繰り返し、いつまでも否決されている方がいらっしゃいます。  ご注意を。

 独自アンケート結果に基づいて <安心>と<成功> の観点から
厳選したローン会社の紹介もしております。
  (他サイトの半分程度の数まで絞り込んでいます。安心してご利用ください。)

  なお、自己破産をはじめとした「法的整理」も必ず選択肢として検討してください。
 これまで私が反対してきた「クレサラ弁護士」とは、「電話一本で解決できます」と宣伝しているようなところであって、きちんと相談できる弁護士とともに「法的整理」することは、あなたにとって有益です。

困ったときの相談先」も、参考になさってください。
 また、より身近に相談できる場所として、お住まいの市町村役場もあります。

コメント
この記事へのコメント
ダメダコリャ
申し込みしたら。
申し込みブラックなのか、一度断られて、少しひおおいてもう一度申し込みしたら拒否された、最悪だー
2009/04/29 | URL | 竹とんぼ
別のローン会社に申し込んでですか。
「申し込みブラック」だとしたら、最低でも3週間は間をおいたほうがいいかもしれません。

同じローン会社の場合でしたら、
ローン会社によっては、6ヶ月間は再申し込みを受け付けない場合もあります。
2009/04/30 | URL | 管理人
コメントを投稿する
URL:
Comment:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。