「親切ヤミ金」の紹介  一挙!まとめローン情報公開

おしらせ
 個別の相談もいただきますが、
法的にも、また責任が持てないという点でも個別相談はお受けできません。

ブログ等の記事で一般的な話として回答ができそうなものについては
記事にしていきますのでよろしくお願いします。

  なお、『困ったときの相談先』も、参考になさってください。
 より身近に相談できる場所として、お住まいの市町村役場もあります。

記事内容につきましても責任は負いかねますので
必ず、公的機関、弁護士等に確認してください。
--年
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年
 予想していたとおり、「『親切ヤミ金』を紹介してください。」とか、「スポーツ新聞にある広告のうち『親切ヤミ金』はどれですか」といったメールが、「親切ヤミ金」の記事を書いた直後から来ました。

 (テレビのワイドショーにしか出てこない、セーフティネットなしの「貸金業法改正」をムリから通したあの議員にこの現状を知ってもらいたいものです。)

 「貸金業法改正」の片棒担いだモンタ流にズバッ!とお答え。

 スポーツ新聞の広告で「親切ヤミ金」と「ピストルを撃ち込む危険極まりないヤミ金」との区別はできません。
 もっと言えば、「親切ヤミ金」がスポーツ新聞に広告を出したりはしないでしょう。

 いくら「苦情をいわないヤミ金利用者」がいて、「ヤミ金と多重債務者のあつい信頼関係」ができあがっている「親切ヤミ金」とは言っても、返済が滞れば当然きつい取り立てをするからトラブルになる。利用客は警察に駆け込む。そうなれば5年間の刑務所暮らし。
 年利70%そこそこで刑務所へ行く危険を引き受けるアホはいないでしょう。

 したがって、「親切ヤミ金」の方でも、警察に駆け込まれたりしない様、慎重に客を選んでいることでしょう。
 たぶんですが、「一見さんお断り」。 つまり、お座敷遊びや、ミクシのように「すでに利用している人の紹介」が必要でしょう。

 ですから、掲示板などで探そうと思っても無理な話で、もしそんな情報が載っていたとすれば、それは「危険なヤミ金」のニセ情報でしょう。
 すでに利用している客だって、(ヤミ金とはいえ)自分の借入先がなくなっては困るから、近所の経営者仲間とか、ごくごく限られた「顔を知っている人」しか紹介しないはずです。ミクシのように損得なしのモノとは違うのですから。
 紹介した人が責任を持つような、お座敷遊びに近い紹介制度でしょう。
 インターネットなどで紹介しますとあるのは、間違いなく「危険なヤミ金」です。
       (以上は、私の想像です。もっとすごいシステムなのかも知れません)

 そして、「親切ヤミ金」は、年利70%でも必ず返済する人しか相手にしないでしょう。
「ヤミ金と債務者のあつい信頼関係」は、借りる方もきちんと返済しなければ、信頼関係が成り立たないのですから。
 必ず回収するからこその年利70%です。
とすれば、対象は、銀行から貸し渋りを受けている町工場の経営者などに限られるでしょうか。

  一応お断りしておきますが、私は「親切ヤミ金」の紹介はできません。「親切ヤミ金」を紹介してくれるような「すでに利用している客」も知りません。
 なにより、「親切ヤミ金」とはいえ、「ヤミ金融(ヤミ金)」の利用はひどい結果しか生まないことをお知らせします。
 「危険なヤミ金」に情報を横流しされる危険もあります。

 「自己破産したので借りるところがヤミ金しかないから」という人もいました。
自己破産したら、正規の会社では借金できない。」 これを覚悟で自己破産したのですから、借金でお金を作るのはやめるべきです。

 なお、私がサイト(『一挙!まとめローン情報公開』内で紹介しているところ(『厳選したローン会社の紹介』)は、正規の業者で、かつ融資成功の報告が多いところのみです。
関連記事


※ 近時『申し込みブラック』になっていることに気づかないで、ローン申し込みを無駄に繰り返し、いつまでも否決されている方がいらっしゃいます。  ご注意を。

 独自アンケート結果に基づいて <安心>と<成功> の観点から
厳選したローン会社の紹介もしております。
  (他サイトの半分程度の数まで絞り込んでいます。安心してご利用ください。)

  なお、自己破産をはじめとした「法的整理」も必ず選択肢として検討してください。
 これまで私が反対してきた「クレサラ弁護士」とは、「電話一本で解決できます」と宣伝しているようなところであって、きちんと相談できる弁護士とともに「法的整理」することは、あなたにとって有益です。

困ったときの相談先」も、参考になさってください。
 また、より身近に相談できる場所として、お住まいの市町村役場もあります。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。