格差社会 その1  一挙!まとめローン情報公開

おしらせ
 個別の相談もいただきますが、
法的にも、また責任が持てないという点でも個別相談はお受けできません。

ブログ等の記事で一般的な話として回答ができそうなものについては
記事にしていきますのでよろしくお願いします。

  なお、『困ったときの相談先』も、参考になさってください。
 より身近に相談できる場所として、お住まいの市町村役場もあります。

記事内容につきましても責任は負いかねますので
必ず、公的機関、弁護士等に確認してください。
--年
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年
 あちらこちらで、『格差社会』という言葉が聞かれるようになりました。

 「格差社会が広がりコンドームを買えない貧困層が増えれば子どもはすぐ増える」と発言した政治学者もいるそうですが、他にもこんな話もあります。

 世界一の軍事大国アメリカですが、強制徴兵制はありません。志願した者だけが兵士となります。
 それでも軍事大国を支えていられるのは、アメリカが『格差社会』だからと聞いたことがあります。

 『格差社会』の激しいアメリカでは、サブプライムローン問題などもあって、教育ローンなどを返せない人が急増しています。
 そうした人達が、破産手続きをしようとすると、軍のリクルーターから電話がかかってくるのです。
 「借金を肩代わりしてあげますから、お子さんを軍隊に入れませんか。」と。

 学費や生活費を支援する代わりに、予備役へ登録する制度もよく利用されています。
実際、今、イラクやアフガニスタンに派遣されている兵士の多くは、貧困層の子弟です。

 「貧困がある限り、徴兵制は必要がない。」と公言する政府関係者もいるそうです。

 アメリカの「『貧困』利用戦略」はそれだけに留まりません。
 「運転手募集」などの名目で高給な求人募集を世界中にしているのが、アメリカ政府高官のファミリー企業です。
 高給につられて応募すると、劣化ウラン弾の処理作業をさせられて放射能被爆するのです。

 日本でも、最近の自民党政府による、「憲法9条改正」と「格差社会容認」の流れは、なんだかセットメニューのような気がしてきます。
 将来、ローンが返せず自己破産しようとしたら、息子が北朝鮮へ出兵することになった、なんて事もあるかもしれません。
関連記事


※ 近時『申し込みブラック』になっていることに気づかないで、ローン申し込みを無駄に繰り返し、いつまでも否決されている方がいらっしゃいます。  ご注意を。

 独自アンケート結果に基づいて <安心>と<成功> の観点から
厳選したローン会社の紹介もしております。
  (他サイトの半分程度の数まで絞り込んでいます。安心してご利用ください。)

  なお、自己破産をはじめとした「法的整理」も必ず選択肢として検討してください。
 これまで私が反対してきた「クレサラ弁護士」とは、「電話一本で解決できます」と宣伝しているようなところであって、きちんと相談できる弁護士とともに「法的整理」することは、あなたにとって有益です。

困ったときの相談先」も、参考になさってください。
 また、より身近に相談できる場所として、お住まいの市町村役場もあります。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。