おしらせ
 個別の相談もいただきますが、
法的にも、また責任が持てないという点でも個別相談はお受けできません。

ブログ等の記事で一般的な話として回答ができそうなものについては
記事にしていきますのでよろしくお願いします。

  なお、『困ったときの相談先』も、参考になさってください。
 より身近に相談できる場所として、お住まいの市町村役場もあります。

記事内容につきましても責任は負いかねますので
必ず、公的機関、弁護士等に確認してください。
--年
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年
 貸金業法によって、ヤミ金被害が減少という報道がありました。

でも、それはまちがいです。
 『ソフトヤミ金』や、『親切ヤミ金』の登場で、ヤミ金被害を届けられなくなっただけです。

 『ソフトヤミ金』とはいえ、ちゃんとウシロについてますから、ヤミ金被害自体は減っていないはずです。
支払いは、3ヶ月で借りた金額の数倍になります。

 『ソフトヤミ金』は、ヤミ金の世界にも、「相互保証」をさせることで支払いを確実にする仕組みができて、被害を届けると、他の人に迷惑が掛かるから、届け出できないのです。
  ≫ [ヤミ金の最新事情] のつづきを読む
スポンサーサイト
2011年
 「いって委員会」で『ソフトヤミ金』ってやってましたね。

 貸金業法改正でヤミ金に走る人が急増するなか、脅しをかけて取り立てる(ハードヤミ金?)のではなく、金利がヤミ金のなかでは多少低くて(低いといってもヤミ金ですから、1年後には、借りた額の何倍にもなっていたりするのですが)、返済相談までしてくれる(親切ヤミ金を参照)、新しいタイプのヤミ金です。

 1年位前に紹介した、タクシー専門ヤミ金が、まさに『ソフトヤミ金』です。
2010年
 たくさん相談をいただきますが、個別相談には応じられません。
一般的な話としてブログ記事にできそうなものは、ここでお応えしようと思っています。


 「クレジットカードのショッピング枠を現金化しますよ」というサイトを信用していいのでしょうかという質問です。
2009年
 仕事で使うカメラを購入しようと価格コムでワッチしていたとき、ビッダーズの激安サイトとの宣伝書き込みが大量になされました。

 この業者もしばらくは(良い評価を得るために)きちんと対応していたようですが、昨年末にボーナス大セールなどとたくさんの金を集めて、「従業員が持ち逃げした」とかのメールを送りつけたまま、商品の発送も返金もない状況のようです。
 ただ、代表取締役として名前が出ているT氏の自宅は分かっているらしく、被害者が押しかけているようです。

 しかし、被害者のブログを読んで思ったのだが、代表取締役のT氏はヤミ金に手を出していたのではないか。
2009年
 先日、親切ヤミ金の紹介は出来ませんと書きましたが、いまだにメールをいただきます。
 これほどに困っている人が多いことを、無謀な貸金業法改正を強行した人達や、それを支持したクレサラ弁護士は、どう考えているんでしょう。

 さて、先日、テレビで『タクシーヤミ金』なるものをやってました。
 小泉改革の間抜けな規制緩和で、タクシー運転手が生活に困り、ヤミ金に走っているそうです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。